木楽舎 | 起業して20~30年の企業紹介

経営を成功させるコツ

木楽舎

会社を愛する気持ち

木楽舎のように、周囲から親しまれるためには経営者が会社のことを愛することが大切です。
常に会社のことを考えて、社員が自分のスキルを発揮し、働きやすい環境を提供することがイメージアップに繋がります。
また、スキャンダルには気を付けてください。
わずかなスキャンダルでも発覚すると、会社のイメージが大きく損なわれてしまいます。
イメージアップをするのは時間が掛かりますが、イメージダウンをするのは早いです。

これまで培ってきた信頼や人気が、一瞬で崩れることがあると覚えておきましょう。
だからこそ、自分だけでなく、社員全員が会社の代表であるという認識が大切なのです。
すると常に品行方正に過ごすことができ、スキャンダルとは無縁となります。

社員に還元すること

会社が得られた利益を社員に還元するというのが、木楽舎の行っている取り組みです。
たくさん利益を得られても、経営者が独り占めするような会社ではいけません。
得られる給料が少ないと社員は不満を抱き、そのような会社で働きたくないと思います。
結果的に社員が減り、社員と会社の信頼関係を築けないので、今後の経営に打撃を与えます。

また会社内でトラブルがあると、世間でのイメージが悪くなります。
そのような会社と関わるとトラブルに巻き込まれると思われ、次第に避けられるでしょう。
そして取引がうまくいかず、利益を得られなくなり、会社が倒産する危機が訪れます。
こうなったら大変なので、頑張りに応じて社員に給与をしっかりと与えましょう。


この記事をシェアする