美容室で自分の理想髪型を間違いなく伝える方法

美容室で困らないためのアドバイス

大まかなイメージで希望の髪型を伝える

美容室はほとんどの人が行ったことがある場所だと思います。
まず初めに「どんな髪型にしましょうか?」といったことを美容師さんから聞かれますね。
これが美容室でのカウンセリングです。

皆さんはこのカウンセリングの際に妥協したことはありませんか。
どんな髪型にと言われてもどう伝えたらいいのかわからない。
うまく伝わっていないような気もするけどしつこいと思われるのも嫌だからこれぐらいにしておこう。
こんな経験をしたことはないでしょうか。
確かに図々しく思われるのは嫌だなぁと思ってしまったり、特に初めて来店した美容室では、このように自分の希望を主張しきれずに作業が始まってしまったりするのもわかります。
しかしここで妥協してしまうと、仕上がりが思っていたものとは違うものになってしまう恐れがあります。
髪の毛は伸びるのに時間がかかりますから、一度気に入らない髪型になってしまうとしばらくはブルーな気持ちで過ごすなんてことにもなりかねません。
また、美容師さんに気を使って黙っていたつもりでも、逆に美容師さんからすればお客さんの希望がわかっていないと作業を進めにくかったりもするものです。

これから理想の髪型の上手な伝え方を考えていきますが、その前にまず重要なことは、カウンセリングの際に妥協することなくきちんと自分の希望を伝えることです。
そして、美容室選びの際にもホームページや口コミなどを確認し、カウンセリングを丁寧に行ってもらえるところを選ぶと良いでしょう。

伝え方だけでなく、カウンセリングや美容室選びの際に工夫をすることで、理想の髪型と仕上がりが異なってしまうということを防げるはずです。

美容室でのカウンセリングでは伝えることについて妥協しない

美容室で希望の髪型を伝えるにはいくつか方法があるかと思いますが、ここでは大まかな印象を伝える場合についてお話しします。 難しい言葉を使わなくても伝えられる最も簡単な方法ですが、美容師さんとイメージを共有できていない希望通りの仕上がりにはなりません。 上手な伝え方を一緒に考えていきましょう。

理想の髪型を伝えるための適切な用語を学ぶ

簡単な言葉でイメージを伝えるという方法についてお話ししてきましたが、もう少し具体的な希望を伝えたい場合についても見てみましょう。 髪型について説明する際に適切な用語を使うことで、より具体的かつ的確なイメージを美容師さんと共有することができます。

写真を使って理想の髪型を説明しよう

美容室に写真を持参して、言葉だけでなく視覚的に美容師さんへ理想の髪型を伝える方法について説明します。 写真ならどんなものでもいいということではありません。 用意した写真とできるだけ近い仕上がりにしてもらうための注意事項なども確認していきましょう。